POP!?ULAR +

音楽と舞台をこよなく愛す、ダメOL雑記 → 女子カメラブログに生まれ変わりです。

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
良かったらポチっと押してください(*・ω・)
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

天気が良かったので、プチ散歩。

宇宙ガラスを並べてみる。

*PENTAX K-3 + Tamron SP AF 90mm F2.8

キラキラしてた。
15022804.jpg
*PENTAX K-3 + Tamron SP AF 90mm F2.8

本当に天気が良かったので、この子も昼寝してみた。
15022805.jpg
*PENTAX K-3 + smc PENTAX-DA★ 55mm F1.4 SDM

「ねぇねぇ、すごくキラキラしてるよヽ(´ー`)ノ」15022806.jpg
*PENTAX K-3 + Tamron SP AF 90mm F2.8

「満足した散歩だったぜ」
15022807.jpg
*PENTAX K-3 + Tamron SP AF 90mm F2.8
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
良かったらポチっと押してください(*・ω・)
23:26 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

NODA・MAP 「エッグ」 

観る | iPhone5s  芝居  感想 

野田地図の「エッグ」観てきましたヽ(´ー`)ノ
役者さんの変更無しの完全再演。こんだけのキャスト、よく集められたなぁ。

野田さんといえばもうお馴染みになった東京芸術劇場へ。

*iPhone5s

初演も観たので、今回は展開を覚えていたこともあって、所々で「あーこれかー」と思いながら観てました。例えば、仲村トオルさん・大倉さん・妻夫木君の3人が並んだ時の背番号なんて初演は全く気づかなかったですよ。
前半というか途中ちょっとだけ意識が遠のいてしまいましたが(←またか)、終盤このエッグというスポーツが、この舞台が描こうとしているものがわかってからはとにかく涙が溢れてきて、最後の阿部と苺イチエのシーンではボロボロ泣けて大変だった。

仲村トオルさん演じた粒来幸吉の名前は円谷幸吉さんのことだと初演からわかってましたが、妻夫木くん演じた阿部比羅夫はどこから持ってきたんだろ?と思ってましたが、そのまんま「阿部比羅夫」だったんですね。阿部比羅夫って人知らなかった。勉強になった。

「過去から逃げましょう、うまく逃げ切れば過去はノスタルジーになる」というセリフが印象的。
全ての記録を燃やして何もかもを隠蔽しようとする権力者たち。それが受け入れられない人たち。そして寺山修司が過去をこっそりと劇場にバレないように貼り付けていたことで、結局は隠蔽できなかった、ノスタルジーにならなかった過去。
ペンは剣よりも強しって言うなら、こういうことかなーってぼんやりと思いました。

ま、フィクションなんだけどねヽ(´ー`)ノ

本当に素晴らしい芝居でした。

15022802.jpg
*iPhone5s
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
良かったらポチっと押してください(*・ω・)
23:15 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

わび 

日常 | K-3  ★55mm 

さび

*PENTAX K-3 + smc PENTAX-DA★ 55mm F1.4 SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
良かったらポチっと押してください(*・ω・)
23:36 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

立ち位置 

日常 | K-3  ★55mm  ダンボー 

明らかに間違っている。


*PENTAX K-3 + smc PENTAX-DA★ 55mm F1.4 SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
良かったらポチっと押してください(*・ω・)
23:57 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

ハムレット 

観る | iPhone5s  芝居  感想 

蜷川幸雄80周年記念作品 ニナガワ☓シェイクスピア レジェンド第2弾 『ハムレット』
観てまいりましたヽ(´ー`)ノ

蜷川さんと藤原君のハムレットは、2003年にシアターコクーンで観た以来だから・・・12年ぶり?おおお、随分前だ・・・。ちなみにそのコクーンのハムレットでフォーティンブラスを演じたのは小栗旬君でした。
若かったやね(*´ω`)

与野本町駅から劇場まで歩く間に、所々にシェイクスピアのセリフが。こんな感じだったっけ?
劇場はカッコよかったよ。あれー、こんなんだったっけ。久々すぎて忘れてるw

*iPhone5s

15022202.jpg
*iPhone5s

今回のハムレットは藤原竜也君、オフィーリアは満島ひかりさん。クローディアスは平幹二朗さんで、ガートルードは鳳蘭さん、レアティーズは満島真之介さんでした。いやいや、豪華だ。
舞台セットはなぜか明治時代の日本の長屋でした。海外ツアーを想定しているから、日本版ハムレット?と思っていたら、舞台セット以外は普通。
ちなみにちなみに、コクーンは360度舞台で、1幕は檻の中で進められました。「見えねぇ!見えねぇよヽ(`Д´)ノ!」と思ってましたが、苦悩のあまり檻にガンガンぶつかりまくる藤原君が良かったです。2幕は檻無くなったからすごい開放感。というわけで、私はコクーンのセットの方が好きだったなぁーと思ってました。

芝居は、というと素晴らしかったです。
正直藤原君のハムレットは好き嫌い分かれそうな気がするのですよ。全身全霊すぎてダメな人はダメかなー?と。私はその何ていうか毎公演終わったらぶっ倒れてしまうんじゃないか?ってくらいの熱演大好きなんですけどね。コクーンでも今回の公演でも思いましたが、彼のハムレットは「すごいもの観たわ」って感想です。

オフィーリアの満島さんは良くも悪くも「儚い」オフィーリアでした。TVで見る彼女は本当にすごい役者さんだと思ってるので、期待が強すぎたのかもしれませんが、正直物足りなかった・・・。儚く可憐で素敵だったんだけど、壊れてしまった後も儚く美しかったけど「狂気」も儚いものだったので、藤原君の暑苦しい(←暑苦しい言うな)狂気と比較すると弱く見えてしまうというか。まぁ、それが狙いだったのかもしれないけど。
レアティーズは感情の振り幅が大きく、見ていて感情移入できました。クローディアスとガートルードは言わずもがな。素晴らしい。ホレイショの横田さんもさすがの美声!さすがの演技!!

問題は彼だよ。
フォーティンブラスヽ(`Д´)ノ!!
ハムレットが最期に国をフォーティンブラスに任せると告げますが、「いいの?こいつでいいの?多分こいつが一番イっちゃってるよヽ(´Д`;≡;´Д`)丿!?」と思わせてくれたフォーティンブラス。未来のこの国がただただひたすら心配としか思えないフォーティンブラス。
ホレイショとの会話なんて、ホレイショの声のボリュームを20とするとフォーティンブラスは3くらいだろう。
聞こえない、聞こえないよフォーティンブラス(゚Д゚)!
フォーティンブラス登場までとにかく圧巻だったのに、彼が出てきた途端にものすごいガッカリ感に襲われた。なぜだ、なぜあのラストだったのだ。小栗君フォーティンブラスの演出も賛否両論だったけど、正直あっちの方が大好きだわ。だってセリフ聞こえたものヽ(´ー`)ノ ←大事でしょ

同じ日に大好きな演劇ブログ主の友達が観劇してたと知って、あー会いたかったなぁ・・・としみじみと思いました。

15022203.jpg
*iPhone5s
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
良かったらポチっと押してください(*・ω・)
23:47 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

いやおうなしに 

観る | iPhone5s  芝居  感想 

Only Love Hurts(面影ラッキーホール)って初耳(・ω・)
そのOLHの楽曲をつなげて1つのお芝居を作ったのがこの「いやおうなしに」。昭和歌謡ファンク喜劇。
知人が行けなくなったので、急遽チケットが手元に。同僚Sさんと一緒に観てきたよ。


*iPhone5s

演出家の河原雅彦さんは私にとっては当たり外れのブレ幅がとっても大きい人なんだけど、今回は大当たり。舞台から漂う場末感・しょうもなさ感・ダメダメさと、元になってるOLHの歌詞のエグさがマッチしていて面白かった。歌詞はエグい。下ネタ全開すごいなーってのは全然いいんだけど、「ゴムまり」とか「パチンコやってる間に産まれて間もない娘を車の中で死なせた…夏」とかの曲は何ていうか「すごいな、この人たち」って思いながら聞いてた。歌詞が笑えないし全く救いが無い。身勝手で最低なんだけど、こっちからの視点の歌って無かったよなぁと思う。そういう意味で、こういう歌があっても良いと思った。

役者さんは全員良かったなぁ。でも特に女優3人が本当に素晴らしかったと思う。
キョンキョン、何あれ。何あの可愛さ!トップアイドル恐るべし!!って思いました。ええ。そんなキョンキョンがメインで熱唱した「今夜、巣鴨で」が未だに頭から離れません。
聖子さんは一見気弱なだけで普通に見えるのにすごい壊れちゃってて、支えがなくなったら一気に破滅しそうな危うさが相変わらずうまいなぁ・・・と思いながら見てましたよ。上述の「ゴムまり」とか「パチンコ(略)」とか本当に救いようない歌詞なのに、何か聴かせるのよね、この人。
そして高畑充希ちゃん!素晴らしい!可愛い!声通る!歌超うまい!度胸ある!ブラボーヾ(*´∀`*)ノ
まさかのビ★チ役。事務所よくOKしたな。

何ていうか登場人物みんなもうダメダメで、どーしよーもない人たちがどーしよーもなくてエグい展開を繰り広げてるんだけど、そんな中最後に三宅さんが聖子さんのことを「狂っている」とどうしても言葉にして認めることができなくて泣き出した時に、思わずもらい泣きするかと思った。正しいかどうかはわからないけど、壊れてしまった愛しい人を本当に崖っぷちで止めるためにDVのヒモを演じるってのも愛の形だなぁと、その上での涙だと思うと何かジーンと来てしまったわ。
まぁ、でも高畑充希ちゃんのこと殴ってたから本当にDV体質って設定なのかもしれんけど^^;

それにしても楽曲が耳に残る残る。歌詞がまー本当に少しもオブラートに包まれてないエグさなのに、耳に残って思わずCDを買いそうになってしまったというか、未だにSさんと「CD買って、そして貸して」とお互い言い合っている。演奏もすっごい上手。メロディーは何だろう、エグさ全開の米米クラブみたいな。

良いお芝居を観ました。 DVD出たら欲しいかもですw
それにしても「今夜、巣鴨で」が頭から離れない(´・ω・`) 何だ、あの中毒性あるメロディー。
しかしまぁ、多分演ってる人たちが一番楽しんでたんじゃないかって気がするわ。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
良かったらポチっと押してください(*・ω・)
23:13 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

宝塚歌劇団花組「Ernest in Love」  

観る | iPhone5s  芝居    感想 

2015年最初の観劇もミュージカルでした。

新しいトップコンビさんのお披露目公演だそうです。最近一緒にミュージカルいっぱい観劇している同僚Sさんが誘ってくれましたヽ(´ー`)ノ 感謝!
花組さんを観るのはそういや初めてです。
オスカー・ワイルド原作のラブコメミュージカルだそうです。ほほぅ。


*iPhone5s

言い訳から入ります。定時終了後30分後に開演するということで終業後ダッシュしたんです。そして、終業直前にムカつくことがあったんです。ムカつきまくりでダッシュしたんです。そして、寒かったのでモコモコのダウンコート着てたんです。それを膝の上に置いて観劇してたんです。ポカポカと暖かかったんです。

まぁ、つまりですね。

1幕最後の記憶が完全に無い(゚Д゚)!

正直最後っていうか1幕全体怪しい。
同僚Sさんと休憩時間に話してて、こんなやり取りばっかり続いてました・・・。

Sさん「ヒロインがこう言っていたけど」
私「いつ?」
Sさん「1幕最後に」
私「え?」
Sさん「アルジャノンがセシリィに興味を持って・・・」
私「え?いつ?」
Sさん「1幕最後に」
私「え?」

どんだけ爆睡してんだよ、私(ノ∀`)

でも2幕は頑張って起きてたヽ(´ー`)ノ
全員がハッピーエンドを迎えるミュージカルでした。こういうミュージカルは楽しくて好きです。(←寝たくせに)
でも、演出家があの「太陽王」の演出家と聞いてビックリです。ミュージカルらしい演出できるんじゃん!何だったのさ、太陽王は!!

寝ちゃったけど、歌がとっても上手で可愛らしいトップさんだったと思います。2番手さんは本公演でも2番手さんなんだろうか?だとしたら、うーん・・・。トップ娘役さんは可もなく不可もなく。

そんなわけで今年は宝塚を観に行く予定があとちょいちょいあるですよ。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
良かったらポチっと押してください(*・ω・)
23:53 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

たまっていくのです。 

日常 | K-3  ★55mm  ダンボー 

たまった写真をどうするんだー。

*PENTAX K-3 + smc PENTAX-DA★ 55mm F1.4 SDM

ハロウィンも紅葉もクリスマスも・・・どうしたものか。
15020602.jpg
*PENTAX K-3 + smc PENTAX-DA★ 55mm F1.4 SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
良かったらポチっと押してください(*・ω・)
23:05 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

モーツァルト! 

観る | iPhone5s  芝居  感想 

公式HP。

2014年最後の観劇は帝国劇場にてミュージカル「モーツァルト!」でした。
最初に観たのは何年前だったか・・・( ゚Д゚) 初ヴォルフガングは中川晃教さんでした。でも、その後何度も観る内に井上芳雄さんのヴォルフガングが好きになってました。
ここ最近は観に行ってなかったんだけど、今回井上芳雄さんのヴォルフガングが最後ってことで、行ってきましたよ!


*iPhone5s

井上さんのヴォルフガングはさすがに貫禄ついてて、若々しい勢いいっぱいのヴォルフガングじゃなかったわw ベテランだった。あーこりゃー最後だわねーそのうちトートやるんだろうなーって思いながら観てたら、本当にトートやるんだねヽ(´ー`)ノ

今回変わらず組だったお父さんの市村正親さん。さすがなんだけど、弱々しい演技のところが演技で弱々しいのか病み上がりだから弱々しいのかわからなくてドキドキしたわ・・・。でも無事戻ってきてくれて良かった(*´ω`)
あとコロレド大司教のヤマユーさん。いろんな意味で相変わらずだったが、この人のコロレド大好きだからこのままでいい。でも、時々体揺らしてノリノリで歌うのはNew バージョンに見えたが、最近はこうなのか?
シカネーダーはもうとにかく素晴らしい。

で、今回初だったのは3人。まず男爵夫人。春野寿美礼さんは歌うまいんだけど、一番見せ場の「夜空の星から〜」だっけ?あの歌。(タイトル忘れたよ)あの歌をヤマユーのようにリズム取って歌ってるのがちょっと気になった・・・。男爵夫人、あの衣装でリズム取って歌っちゃダメだろう・・・。でも歌はうまかった。
お姉さんのナンネールは花總まりさん。宝塚見始めたのは彼女が退団してからだし、活動再開してからも見てないから何気に初マリーハナフサ。初女帝。可愛かったとは思うけど、自分でも思ってた以上に高橋由美子さんのナンネールの印象が強すぎた。

そしてコンスタンツェはソニン。
今まで観てきた中で最高のコンスタンツェだった(∩´∀`)∩ 歌も演技も素晴らしかった。今まで観たきたコンスタンツェの記憶を全て抹消してソニンで上書きしたいくらい本当に素晴らしかった。それくらい1回もコンスタンツェで納得したことないんだよ・・・(;´ω`)

まぁ、そんなこんなで満足して帰って来ました。「影を逃れて」は大好きすぎてヤバい。井上芳雄さんのヴォルフガングがもう観れないのは寂しいね・・・って思ってたらDVD発売するってんで、そりゃー買うかなーって。井上芳雄さんとソニンのペアって、もう私の好みわかってるね!東宝ヽ(´ー`)ノ!

15020102.jpg
*iPhone5s
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
良かったらポチっと押してください(*・ω・)
23:36 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。