POP!?ULAR +

音楽と舞台をこよなく愛す、ダメOL雑記 → 女子カメラブログに生まれ変わりです。

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
良かったらポチっと押してください(*・ω・)
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

OPUS 

観る | K-r  35mm  芝居  感想 

Jinsでブルーライトカットの眼鏡買いました。これで少しは目の疲れも消えてくれるだろうか(∩´∀`)∩

0928.jpg
*PENTAX K-r + smc PENTAX-DA 1:2.4 35mm AL

もう1週間近く前になりますが、新国立劇場にて「OPUS」という芝居を見てきました。
ポスターとか写真撮ったけど、iPhone4sに入っていたので無くしちゃった(ノ∀`)

何か、ここ最近ミュージカルばっかり見てたんだなーとかしみじみと思ったっていうか、久々に「お芝居見た!」と強く思いました。何よりも、劇場歩いた時の足音とか床のきしみとかがもー何て言うかベニサン・ピットとか思い出してそれだけでもうワクワクするっていうかああ小劇場素敵っていうか。

役者さんは上手で当たり前の人たちなので、まーそれはもー大満足でした。みんな、すごいなぁ。

ただ、ストーリーに「大人のコメディ」って書いてあったので、普通に加藤健一事務所でやるようなドタバタコメディ作品だと思ってたんです。海外のコメディって本当ドリフみたいなの多いし。
なので、この役者さんたちでこの小さな空間でそんなコメディ楽しみすぎるワクワク(´∀`*)って思ってたら、序盤からかなりシリアスな展開で相当戸惑いました。
ラストなんて超ド級にシリアスで「この人たちこの後どうしたんだろう一体・・・」と思わずにはいられないラストでしたし、何をどう思ってコレを「大人のコメディ」と宣伝するのか理解できません。(もちろん台詞とか仕草で思わず笑ってしまうシーンは多くありましたが・・・)
うーん、そういうもんなんだろうか。
ちなみに、「彼は狂ってるけど我慢できるほどの音楽の才能を持った天才、だけどお前は狂ってるけど我慢するほどの腕じゃない」って台詞が残酷すぎて痛かった。アイタタタタ

見応えは十分。チケット代考えても、十分すぎるほどの大満足でした。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
良かったらポチっと押してください(*・ω・)
23:14 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://affirmation.blog32.fc2.com/tb.php/144-af642ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。