POP!?ULAR +

音楽と舞台をこよなく愛す、ダメOL雑記 → 女子カメラブログに生まれ変わりです。

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
良かったらポチっと押してください(*・ω・)
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

冬眠する熊に添い寝してごらん 

観る | XQ1  芝居  感想 

ミュージカル界の王子こと井上芳雄さん、彼のファンである友人に誘われて観てきましたですよ、「冬眠する熊に添い寝してごらん」 ・・・何なんですか、このタイトル(´Д`)?
あ、ネタバレ?してると思います。

これ、あらすじ↓ 読んでもどんなストーリーか全く想像つかなかった。
「げきぴあ」さんより引用。

これは、清濁の血を併せ持つ伝説の熊猟師と、熊、そして犬との聖なる戦いの物語。
熊猟師の子孫である川下兄弟の愛憎が100年の時を超えて絡み合う。
兄とじゃれあいながら、実に楽しそうに笑う弟、その名は川下多根彦。
ライフル競技でオリンピック代表に選ばれた兄、川下一を尊敬し、競技に熱中する兄の代わりにエリートとして育ち、家訓である[25歳で一子を設ける]を実践せんとしている。
兄弟が海をながめるその港は、かつて、越後から放たれる石油が積み出されていた――。
そして語られ始めるのは、100年前の〈欲望するエネルギー〉石油の物語。
祖先である〈伝説の熊猟師〉の自然に翻弄されながらも全てを司るような視点と、兄弟の視線が交差する。
絶対の信頼で結ばれていた兄弟の前に、ひとりの奇妙な女が現れる。多根彦の婚約者、女詩人のひばりである。
惹かれあう一とひばり。兄弟の絆が揺らぎ始める。
その揺らぎは時空を超え、日本の歴史の暗部に光をあてることに――。
北陸の吹雪のその先に見えてくるものは、兄弟の邂逅なのか。それとも――。(チラシより)



一抹の不安を感じながらも行ってきました、シアターコクーン(∩´∀`)∩ 今年初観劇!!
14012201.jpg
*FUJIFILM XQ1

蜷川さん演出だから覚悟はしていたものの、実際に文字で見ると憂鬱になる。約4時間ですか、やっぱり。
14012202.jpg
*FUJIFILM XQ1

あらすじ観てもよくわからなかった話。でも、さすがの蜷川さん。所々の演出が惚れ惚れするほど美しいわけですよ。客席に特大の回転寿司が現れた時は素直に「すごいー」と思いました。ああいう演出考えちゃうところがすごいなぁ。

問題なのは観劇後も全くわからない話だと思う。

基本的に私の読解力は低いです。でも、全然わからないにしても感動する芝居は多々あります。野田さんなんかそうだし、蜷川さんもそうだったりする。しかしなぁ・・・この作品はなぁ・・・「で?」「え?」「それで?」としか思えないんですよね・・・。4時間なのも、きっと戯曲通りに上演しようとしたら8時間とか10時間になるのを蜷川さんが何とか4時間におさめたんじゃないかとすら思いましたです。ありがとう、蜷川さん。

私の目当てだった勝村さんは最高にかっこ良かったー。さすがの美声。さすがの演技力(∩´∀`)∩ かっけー
鈴木杏ちゃんはあの若さで恐ろしい演技力。そしてミュージカルプリンス井上芳雄さん、ミュージカルでは素敵でもストレートプレイは常にがっかりだったのに、普通に上手だった!い、いつの間に・・・Σ(゚Д゚;)

そしてKAT-TUNの上田君。全くイメージわからなかったのですが、彼が演じた多根彦という役が「PURE100%」な純白の役で、それを見事に表現してたと思います。あんな尻尾ブンブン振り回す人懐っこい小型犬のイメージは無かったので意外でした。
兄が大好きで恋人が大好きで仕事に誇りを持っていて、それらが全て手のひらからこぼれ落ちた時に誰も救えないほどにぶっ壊れるくらい純粋だった多根彦をよく表現できてたんじゃないですかね。1幕のキャッキャウフフな下手すれば「アホの子」と言えなくもない多根彦と、2幕はいきなりMAXまでぶっ壊れた多根彦のギャップがすごいので、その間が全く無いので演じる側は大変だろうなぁ。とはいえ、もう少し2幕はぶっ飛んでても良い気がしました。まー、これから化けるのかな。

上田君の出番が4時間中1時間も無かったように思う(場面数で言えば4場面?)ので、「彼は本当に主役なのか?」と疑問だったのですが、Twitterで「上田勝村鈴木井上4人が主役」って目にしてようやく納得した。それならわかる。でも仮に私が上田君ファンで彼目当てにチケット取ってたとしたらブチ切れてると思う。印象に残る役ではあるけど。

でもやっぱり話がわからない(´Д`)
演出も役者さんも素晴らしかったけど、戯曲がどーにもこーにも・・・

14012203.jpg
*FUJIFILM XQ1
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
良かったらポチっと押してください(*・ω・)
23:52 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

コメント

全くわからない話を4時間!
わお(笑)
あらすじ、半端ないですね!!!!
ここまで突き抜けてると逆に興味が・・・

eku #- | URL | 2014/01/22 01:17 * edit *

haruさん、こんばんは。
あらすじからすでによくわかりません・・・。
えーと、熊と犬の大冒険って話じゃないの?(笑)
観終わっても話がわからないって、すごいですね。

そうそう、ekuさんの望遠レンズ・・・
今にも先っちょがね
コロコロコロコロ
って転がってしまいそうなんです(笑)
なんかね、見えちゃいけないものが見えちゃってるんですよ!

Round Walk #04ba9nAQ | URL | 2014/01/22 21:12 * edit *

Re: ekuさん

コメントありがとうございます!

あらすじも半端無いけど、本編もっと半端ないっすよ・・・orz

> ここまで突き抜けてると逆に興味が・・・

興味をもたれてしまったのですね(笑)
それならば話のネタにぜひ・・・とオススメしたい気持ちもほんの少し
ありますが、絶対に後悔されると思うので止めておいた方が良いです^^;

haru #- | URL | 2014/01/23 02:05 * edit *

Re: Round Walkさん

コメントありがとうございます(∩´∀`)∩

あらすじ、見終わった今読んでもわかりません(笑)
熊と犬、出てきましたねぇ・・・。大冒険はしてなかったですね・・・w
ネットの感想探すと、結構多くの方が「話がわからん」って書いてたので
安心しました。私だけじゃないって(笑)

望遠レンズってただでさえビローンって伸びるのに、それが落ちそうなほどに
ビローンってなってるってどういう状況ー(笑)!?

haru #- | URL | 2014/01/23 02:07 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://affirmation.blog32.fc2.com/tb.php/199-192a74d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。