POP!?ULAR +

音楽と舞台をこよなく愛す、ダメOL雑記 → 女子カメラブログに生まれ変わりです。

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
良かったらポチっと押してください(*・ω・)
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

注意:痛さ全開。

上演するって知って「ぎゃっΣ(゚Д゚ノ)ノ」ってなって、チケット取れて「ひゃっほーいヽ(`Д´)ノ」ってなって、とにかく実際に劇場で見たことがなかったからとにかく自分の目で見たかった「朝日のような夕日をつれて」。
ようやく見て来た。新宿に向かう電車の中で、緊張しすぎて少しお腹痛くなった。
劇場について、ポスター見て目頭熱くなった。ロビーにいた鴻上さんは変わってなかった。


*FUJIFILM XQ1

開演を告げるLIVE IS LIFEで泣きそうになる。
暗転して聞こえて来た「朝日のような夕日をつれて・・・」の囁く群唱で目が潤んだ。
「みよ、この、パズル」でまたもや潤んだ。
客席から登場した藤井隆さんが、階段に足をかけながらマイクで「よろしく!」って言った時にかっこよくて泣きそうになった。
「トランシルバニアのサミーが死んだ」と伊礼さんが降りて来た時についに泣いた。「我愛你」流れたこともでかい。
ゴドー1&2の後のウラヤマ、エスカワの会話でまた泣けた。
みよこの手紙でまたしてもウルウル来た。
「リーンカーネーション」で鳥肌たった。
その後の八百屋舞台での「朝日のような夕日をつれて」の群唱でポロポロ泣けた。

多分、これ、泣く芝居じゃない。
でも泣けた。思い入れが強すぎて、目の前にその待ちこがれていた世界があって、我慢できなかったんだと思う。

大高さんと小須田さんはもう素晴らしい。大高さん55歳だっけ?よくあんなに動けるなー。ああ、素敵。
藤井隆さんは芸達者な人だなーと思うし、とても良かったと思う。ただ、最後の八百屋舞台での立ち姿は1人ぬぼーっとしてたw
伊礼さんは本当に「無駄にイケメン」だったw
少年役の彼(名前失念)は、初見だったけど本当にすごーくすごーく良かった!

お風呂に入りながら、「あー、91年版で筧利夫さんがゴドー2として『トランシルバニアのサミーが死んだ』って降りて来て、『ゴドーだぞ!』って叫んだ後にネクタイをガーってやったのがかっこよかったなぁ」と思ってた。

昔私と友人たちは「ネクタイガーッが」「そうそう、あのネクタイガーッ」「いいよね、あのネクタイガーッ」と、
「ネクタイガーッ」だけで会話が成立してた(痛い)
※正直今でも成立できると思う。ちなみに「ネクタイガーッ」は、指でネクタイを緩める仕草です。

良いもの観た。本当に大満足。あと2回見に行く。すっごい幸せ(*´ω`)
ちなみに藤井さんの緑のジャケットは、終盤モスグリーンになっていた。さすがの汗かき舞台。

藤井さん@ゴドー1が「よろしく!」って言ってダンスをした後に、客席に銀紙紙吹雪パーンってなるんだけど、その直後私の腕にドスン!という感触が。銀紙の束が落ちて来てた(笑)
14080702.jpg
*PENTAX K-3 + smc PENTAX-DA 1:2.4 35mm AL
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
良かったらポチっと押してください(*・ω・)
23:11 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://affirmation.blog32.fc2.com/tb.php/290-d2229866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。